jeudepaume7

記事一覧(19)

駿府公園の桜と常葉大学の医療に関する講演

この寒い❄️❄️時期に桜が満開とは嬉しいし、けなげだ💓実は医療に関する講演だけでは見ていただけないと💦桜🌸はオマケ😄実際60歳(私)と65歳(主人)で大学の講演(しかも医療に関する)はチョットキビシ😆かった。反面嬉しいこと😃だったので常葉大学の宣伝も兼ねてお知らせです😄この講演の講師が   久保明先生慶應義塾大学医学部卒業米国ワシントン大学医学部留学他様々な経歴を経てここ静岡に受講者は理学療法の学生さんは勿論市内の個人のお医者様、県内外の総合病院のお医者様、医学療法士様などでした。先生は鷹匠開店来の当店のチョットダンディなお客様でした。とある日のご来店の際「今度(世界で一番受けたい授業)に出るよ」「えーーー(*⁰▿⁰*)」「実はみのもんたのお昼の番組にも16回出たよ。大した事じゃないけど」と(爆)、テレビのお仕事もまだまだオファーが沢山あるそうですが、好き嫌いがはっきりしているので、出なくてもいいのは出ないとかなり御断りしているらしいという方です。その後も「今度講演があるよ」と😆お誘い?を受け、そんな先生がこの静岡の大学でいったいどんなご講演を😳という野次馬的見解で拝見させていただきましたm(__)mそれはそれは😆、思った以上に仕事に対してもプライベートでもストイックな方でした。知識のシャワーの洗礼を受ける😄と思いきや、常識的な医療でも本当にそうなのか、まずご自分で実践してみる。「例えば、糖尿病の患者さんに1万歩歩きなさい。これを自分が実践してみる。食事を1400カロリーしかとってはダメと、では自分が1400カロリーで生活してみる。。1万歩は健康な人でもなかなか大変なことがわかる。そして1400カロリーの食事では2日でギブアップとても仕事にならない。一番気を使うべきはドロップアウトだ。ドロップアウトを防ぐことこそ治療の近道だ。患者さんへの指導の仕方、言葉がけも変わってくる。」とおっしゃる。今までの常識が非常識となったりと、新たな知識を得る為に常に新しい論文に目を通しているそうだ。「本当のことしか言わない。」とキッパリおっしゃる姿は凛々しく、物言いも哲学的だ。そうお医者様がそんな哲学的思考を持っていらっしゃる事がとても嬉しい😊読書中毒で図書館での読書(仕事に関する)が何よりの楽しみのようですが、プライベートでは、もう一つ「極真空手」という真逆のご趣味を持っていることも、先生を崇拝している方々の要因に違いない。このことは、後の質問の時間で結構盛り上がり気がつくと、先生を敬愛している視線をあちらこちらから感じられました。という方久保明先生という方を見つけて、地域いえ県内外を巻き込み勉強会を開催する常葉大学のセンス、スタイルにも感心した講演会でした。そして勿論こういう方が、当店を気に入って、シェフを気に入ってご来店くださる事に光栄に😃思います。今度はお得意のアンチエイジングの講演を是非❤️と願う

シェフのloveはどこから?

さて前日の補足を😄何故シェフが今作っているフレンチにこだわっているのかをチョットお話やはり根底には、世界からお見えになるお客様をおもてなしする❤️という重要な役割りが影響しています。ましてやその国のトップクラス、いわゆるセレブという言葉のくくりではなく、社会的地位の肩書きのある実力派たちのおもてなし😅そんな方たちに納得してもらえる料理とは何だろうと悩みました。シェフは新しいフレンチにも挑戦していた時期もあり最初は「どうだ」とばかり、提供していた事もあったが、日本のお客様は喜んでくださったのですが、海外のそんなお客様が食した瞬間の顔の表情に納得がいかなかったようです。今までずっと勉強し続けていたフレンチの基礎をもういちどおさらいし、そしてコレしかないと確信し、全てクリアにしてクラッシックな(というとシェフは怒る💢、今も昔も無い今まで通りのと言えと)料理へと戻った訳です。しかし今までのフレンチは材料も時間もかかる。この牧之原のお店のライバルはホテルのレストランであって、個人のレストランではなかった。人材の数、料理人もサービスも途方も無く少ない。いわゆる父ちゃん母ちゃんレストランが何が出来るか😭というレベル。その中で、やらなければいけない事(お料理の仕込みは徹底した)は手を抜かず、出来ない事(冷めてしまうほどの盛り付け方)は諦めた。そして、シンプルだがお客様がニッコリ微笑んでくださった時はどんなに安堵したことか😊そんな経過から、静岡の方たちに是非今まで通りの😄フレンチを召し上がっていただきたくて牧之原から来ました。シェフも歳なので、1年更新の静岡での営業です。ごひいきに。と言うにはおこがましいので😆1度は是非お出かけいただけたら嬉しいです💖2度3度お出かけいただけたらとっても幸せです💝シェフも私もそんな気持ちです💕実はloveって言うの恥ずかしいんです💦「シェフのお料理には愛がある」とプレゼントの主が言ってくださって、初めて気が付きました。そして、大事な事だってことも😊気が付いた訳です❤️

love ❤️ ありますか?

ジェントルマン博識家でオシャレでご自身をくずさない素敵な紳士今の時代にいらっしゃるようで、中々いらっしゃらない。しかし牧之原のお店では、海外の企業のトップの方々にご利用いただいていたおかげで、マナーはとても勉強になりました😊例えばアメリカの本社のトップ、フランスの支社のトップ、シンガポールの支社の重役、インドの支社の重役、他の国々の方も、日本の支社のトップと重役たちが20数名一同に会する時が度々あった。前々から打ち合わせで会の流れをシュミレーションする。本番当日の緊張といったら💦💦胸と臓器がどんなに締め付けられ苦しかったか😆しかし、出来る事しか出来ないのだから、出来る事を心を込めてして差し上げる。と諦めた😆(多分30歳代の時からつい最近まで、30年のお付き合い💕)海外の方たちは、そんな心love を見逃さない❤️必ず態度で返してくださる。マナーとか、サービスってloveなんだって気がつかせていただいた、貴重な体験でした。余談ですが、そのお返しとは多分7、8年経った時(この社長さんとは15年位)日本に来る度、私たちにプレゼントを持って来てくださり、私たちの仕事を労ってくださいました💝しかも大きなリボン🎀で飾った大きな品物をもって😆「アメリカからインド、フランス、シンガポールで日本と持って来た」とニッコリ💗その後も相変わらず、そんな仕事の時は胸と臓器は締め付けられるのは続いたけど😄今思えば、素晴らしいひとときでした。何故マナーを学んで欲しいかというとその態度がその国の方たちと理解しあえる近道だから💕合理的で覚えやすい、テーブルマナーを是非学んでいただければ嬉しいです。4名様より5000円のコースより承ります。