シェフのloveはどこから?

さて前日の補足を😄
何故シェフが今作っているフレンチにこだわっているのかをチョットお話
やはり根底には、世界からお見えになるお客様をおもてなしする❤️という重要な役割りが影響しています。
ましてやその国のトップクラス、いわゆるセレブという言葉のくくりではなく、社会的地位の肩書きのある実力派たちのおもてなし😅
そんな方たちに納得してもらえる料理とは何だろうと悩みました。
シェフは新しいフレンチにも挑戦していた時期もあり最初は「どうだ」とばかり、提供していた事もあったが、日本のお客様は喜んでくださったのですが、海外のそんなお客様が食した瞬間の顔の表情に納得がいかなかったようです。
今までずっと勉強し続けていたフレンチの基礎をもういちどおさらいし、そしてコレしかないと確信し、全てクリアにしてクラッシックな(というとシェフは怒る💢、今も昔も無い今まで通りのと言えと)料理へと戻った訳です。しかし今までのフレンチは材料も時間もかかる。
この牧之原のお店のライバルはホテルのレストランであって、個人のレストランではなかった。人材の数、料理人もサービスも途方も無く少ない。いわゆる父ちゃん母ちゃんレストランが何が出来るか😭というレベル。
その中で、やらなければいけない事(お料理の仕込みは徹底した)は手を抜かず、出来ない事(冷めてしまうほどの盛り付け方)は諦めた。
そして、シンプルだがお客様がニッコリ微笑んでくださった時はどんなに安堵したことか😊
そんな経過から、静岡の方たちに是非今まで通りの😄フレンチを召し上がっていただきたくて牧之原から来ました。
シェフも歳なので、1年更新の静岡での営業です。
ごひいきに。と言うにはおこがましいので😆
1度は是非お出かけいただけたら嬉しいです💖
2度3度お出かけいただけたらとっても幸せです💝シェフも私もそんな気持ちです💕

実はloveって言うの恥ずかしいんです💦
「シェフのお料理には愛がある」とプレゼントの主が言ってくださって、初めて気が付きました。
そして、大事な事だってことも😊気が付いた訳です❤️

カフェレストラン ジュードポム Jeu de Paume

Café et Restaurant Jeu de Paume 静岡市のパサージュ鷹匠にある小さなお店。 最高の厳選された材料で、シェフの40年に培った技術と料理に対する愛情を静岡の方々に味わっていただきたい思いで牧之原市(旧相良町)よりきました。落ち着いた空間とお気に入りの食器と共に楽しんでください。

0コメント

  • 1000 / 1000